仕事で役立つ3Dスキャナーを導入しよう|コスト削減を目指そう

メンズ

利用の時の注意点

オフィス

ビジネスフォンで注意するべき点

会社にかかってきた電話は、いくつもの端末で受け取ることが出来るし、端末同士で内線を使って話すことも可能です。このようなタイプの電話をビジネスフォンと呼ぶことができるのです。家庭用の電話では音声電話のための回線とFAXのための回線だけしか利用できませんが、ビジネスフォンの場合には数百回線も接続することが可能です。仕事をする上では、このように回線を共有できると、円滑に仕事に役立つのです。便利な道具ですが、落とし穴がないわけではありません。ビジネスフォンは導入に費用が掛かるのですから、リース契約で使うことはよくあることです。確かにリースは初期費用が抑えられるのですが、利用している間に支払う損害保険料や金利が積み重なると、結局支払う額が高額になるのです。また一旦リース契約を結ぶと、契約期間の途中で解約が出来ないのです。これでは他のリース業者の条件が良いとわかっても、後から乗り換えることが困難です。

お得に借りるために知っておくべきこと

ビジネスフォンの初期投資費用を抑えるために、リース契約が使われるのです。しかし、まだ立ち上げたばかりの会社などでは、そのリース費用も負担に感じる可能性があるのです。そこで、さらに安くビジネスフォンのリースをするための方策として、セット割引を活用してみることです。ビジネスフォンのリースをしている業者では、オフィス家具やOA機器の取り扱いも行っていることは珍しくないのです。そのような業者では、他のリース商品とビジネスフォンを同時にリースすれば、料金が安くなるセット割引を用意していることがあるのです。オフィス家具やOA機器もどうせ用意しなければいけないならば、まとめて借りて割引してもらったほうがお得です。