仕事で役立つ3Dスキャナーを導入しよう|コスト削減を目指そう

メンズ

経費の負担が減らせる

プリント

工夫することで得られるメリット

会社の総務部はリース契約でビジネスフォンを導入すると、経費の削減に繋げることができます。ビジネスフォンは新品で購入すると数十万円程度の金額になります。リース契約だと月々わずかな支払いで最新鋭のビジネスフォンを導入することができます。毎月のリース料は経費として処理できるため、法人税の負担を抑えることができます。リース契約満了後は、安値でビジネスフォンを買い取ることも可能で、そのまま使い続けることができます。再リースも可能ですので、最新鋭のビジネスフォンに機種変更をすることができます。工夫次第で経費を大幅に削減することができるため、賢く利用しましょう。

最近のビジネスフォンのトレンド

最近のビジネスフォンは、スマートフォンなどのモバイル機器との連携機能がトレンドになっています。社員が使用しているスマートフォンを内線化することによって、通信費を大幅に削減することが可能です。ビジネスフォンとスマートフォンが連携することによって、外出先でもスマートフォンでビジネスフォンの機能を使用することが可能になります。大切なお客様からの電話を逃すことなく、ビジネスチャンスに繋げることができます。国内に複数の拠点を持っている会社では、拠点間IP内線化の機能を搭載しているビジネスフォンの人気が高まっています。複数の拠点をIPネットワークで結ぶことによって、会社全体の通信費を大幅に削減することができます。